奥飛騨温泉郷 旅館 藤屋

GIFU HOTEL

施設の基本データData

施設名 旅館 藤屋
TEL 0578-89-2714 FAX 0578-89-3025
住所 岐阜県高山市奧飛騨温泉郷一重ヶ根1757-1
ホームページ http://www.okuhida-fujiya.com/
チェックイン チェックアウト
大きい画像で見る

トピックスTopics

2022/05/29 ひと月遅れの鯉のぼり
2022/05/08 明治天皇
2022/05/05 早起きは三文の得・・・昔の例え
      
五月晴れの鯉のぼり  奥飛騨の春風に揺られて気持ちいい。お客様から戴いたスイカを皮までカジルベ
      
めにみえぬ神の心にかよふこそ     人の心のまことなりけれ  明治天皇御製(明治40年) 靖国神社本殿は150年まえの明治5年5月現地に竣工。関東大震災・東京大空襲でも大きな被害は無く昭和の大改修築を経て今も当時と変わらない佇まいで聳え立ちます。 本殿の設計は、尾張藩の伊藤平左衛門。 恥ずかしながら、当湯宿の館主の姓は伊藤であり旅籠の屋号「藤屋」の「藤」は伊藤の藤から戴いた。 因みに、伊藤は「伊勢の藤原」、佐藤は「佐賀の藤原」、後藤は「備後の藤原」の藤原一族と云うらしいが真偽のほどは。 陸の孤島の下下の下の國であった東山道宇礼洞在の奥飛騨にはそんなルーツは?、平家の落人伝説くらいか。 でも奥飛騨には出雲族の往還や鎌倉街道探訪の壮大なロマンがあるから。
      
今どき早起きして三文くらい得をしても何にもならいが、お金には代えられない「得」もある。小生年寄りのせいか仕事の関係からか早朝に風呂に入ることがある。今朝も4時過ぎに露天風呂に入っていると、まだ夜も明けきらないのに近くの笹薮の中からホーホケキョ ケキョケキョケッキョと鶯の声が!!  鳴き方はまだ下手くそだがいい声している、東の空はまだ薄暗いが露天風呂で仰向けになってウグイスの初鳴きを聴くなんてとってもいい気分。 今日もガンバッぺ・・・・・。