奥飛騨温泉郷 旅館 藤屋

GIFU HOTEL

施設の基本データData

施設名 旅館 藤屋
TEL 0578-89-2714 FAX 0578-89-3025
住所 岐阜県高山市奧飛騨温泉郷一重ヶ根1757-1
ホームページ http://www.okuhida-fujiya.com/
チェックイン チェックアウト
大きい画像で見る

トピックスTopics

2019/07/15 梅雨真っ盛りの新穂高ロープウエイと西穂高岳山行き NEW
2019/06/29 全国的に梅雨入りだ、「嗚呼奥飛騨に雨が降る」とは
2019/06/08 今から150年前の明治2年6月29日、・・・・・・・・・・
      
例年の山ガールの御一行様が今年もエージェントの宇佐美君と共にご来館いただきました。 生憎の「雨」の天気予報だが近頃の予報的中率は向上していて心配だ、しかし宇佐美君によればこの山ガールのメンバーは全員が現役ピチピチのキャリヤーウーマンで、この山行きは数か月前からの決定で今更予定の変更なんてできるわけないじゃんわかってんか、雨なんか降らへんでえ~との事でした。 成程、山行き当日の下界は視界不良ガス低しでしたが霧の流れは速く天気回復の兆しありと判断し西穂高山荘目指して出発しお見送りしました。 山ガールの信念か執念か情熱か岳の天気は回復し雨は降らず寧ろ青空も出てきて、丸山を越えて独立標識までも健脚を延ばしたとの連絡を戴き安堵&安堵でした。 ご苦労様でした、素晴らしいメンバーズに囲まれた宇佐美君は幸せ者の一言。 ありがとうございました、自然と源泉の奥飛騨温泉郷を今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。    時節柄ご自愛くださいませ。  館主敬白   軽薄
      
 あゝ奥飛騨に雨が降る・・・・・・でなく、梅雨時には奥飛騨にも雨が降るのですが、あの盲目の演歌歌手 竜哲也 が謡った「奥飛騨慕情」の一節です。 毛受母川(もずもがわ)の名所「たるまの滝」の川霧に霞んだしっとりとした情景には心がズ~ンと落ち着くがさらに眼を閉じて全身に降りかかってくる霧を感じる時、何故か両手を大きく広げ深呼吸したくなります。  この時期、近くの「毛受母神社」に絵馬を奉納すれば願事成就との事。 また近頃の天気予報は以前よりかなり精度が上がったので参考にして新穂高ロープウエイ、乗鞍スカイライン、上高地へのグリーンツアーなどは如何でしょうか。
・・・・・東京九段坂上に招魂社が創建されました、後の靖国神社です。 明治5年5月、現在の位置に建立された神明造りの荘厳な本殿の姿は今日まで殆ど変わっていないそうです。 現在、靖国神社創立150年を向かえ遊就館では「御創立150年特別展」が開催されているようで、是非とも行きたい思っています。          浪風は立ちさわげども四方の海              つひにしづまる時もきぬべし                             大正天皇御製